韓国辛い食べ物まとめ

辛い食べ物なら日本から近い韓国が一番有名ですね

今日は韓国の辛い食べ物をまとめました。

韓国辛い食べ物 チュクミ チョッパル カルビチム トッポッキ

鶏の足(닭발)

日本の人はちょっと無理かも知りませんが

鶏の足です。

最近は骨がない物も有りますが韓国人の中でも食べない人が多いです。

でも辛いのが好きな人の中では人気です。

「タッパル」とは、鶏の足をぶつ切りにして、唐辛子ベースの調味料で味付けした料理。見た目は少々グロテスクですが身はぷりっと弾力があり、軟骨も丸ごとぺろり。コラーゲンたっぷりで、女性ファンが多いメニューです。現地の韓国人でも、うなるほどの激辛味で、韓国焼酎のつまみとしても親しまれています。

 

辛いカルビチム(매운갈비찜)

「カルビチム」とは、韓国語で「カルビ(ばら肉)」+「チム(蒸した料理)」という意味の韓国料理です。骨付きの牛肉カルビを、醤(カンジャン)や砂糖をベースにした甘辛いタレで長時間蒸し煮にすることで、カルビに味がよく染みこんで柔らかくなり、ジューシー。銀杏や栗、エリンギなどと一緒に蒸すとより一層、香ばしくなります。日本からの観光客にも人気の韓国グルメです。

かつては宮中料理の一品として、王様が食べてきたと伝えられており、今日では滋養料理として、韓国の一般家庭では旧正月(ソルラル)秋夕(チュソッ)の時に食卓に並びます。
「カルビチム」の美味しい店舗も多く、ソウル釜山(プサン)をはじめ「カルビチム」専門店をはじめ、韓国焼肉店や韓国冷麺(ネンミョン)店などでよく食べられます。一般的に牛肉を使いますが、中には豚肉を使った「カルビチム」を提供する店舗もあります。

辛さは調節出来るし辛くないの「カルビチム」も人気!

 

ナッチ・チュクミ(낙지, 쭈꾸미)

テナガダコを韓国語で「ナッチ(またはナクチ)」と発音し、イイダコを「チュクミ(またはチュックミ)」と発音します。日本では共に「タコ」とひとくくりにする人が少なくありませんが、韓国では明確に分けられています。そして、この2つのタコ料理は、韓国では激辛料理として知られ、その代表格が、鍋で唐辛子とコチュジャン(唐辛子味噌)で辛く炒めた「ナッチポックム」「チュクミポックム」です。

 

ちゃんぽん(짬뽕)

「チャンポン」と言えば、日本では一般的に肉や野菜、魚介類がたくさん入った濃厚なスープが特徴の麺料理を思い浮かびますが、韓国のチャンポンはやや異なります。様々な具材が入っている点は同じですが、唐辛子粉を大量に使用しているためスープが真っ赤。激辛料理として知られています。これは、20世紀初頭、港町・仁川(インチョン)に、中国の山東省の麺料理が伝わって以降、少しずつ現在の韓国のチャンポンに変化していったと伝えられ、名前は日本語の「ちゃんぽん」に由来する説が有力です。

「チャンポン」は、韓国の中華料理店で主に食べられます。ジャージャー麺(チャジャンミョン)と双璧をなす人気メニューで、どちらのメニューも、一人でも気軽に食べられます。

種類も豊富で通常のチャンポンのほか、辛くない「ペッチャンポン(白チャンポン)」、「ヘムルチャンポン(海鮮チャンポン)」、「クルチャンポン(牡蠣チャンポン)」、「ホンハッチャンポン(ムール貝チャンポン)」などメニューのバリエーションが豊富です。

辛さの中にも野菜や海鮮の旨みが溶け込んだは、一見強烈ですが、後を引く美味しさ。韓国語に「以熱治熱(イヨルチヨル)」とあるように、熱いときにあえて熱い・辛い料理を食べて汗を流せば、涼しく感じられるという夏バテ防止にも人気で、寒い冬から暑い夏まで一年中食べられる料理です。

 

辛いチョッパル(매운 족발)

「チョッパル」とは、韓国の豚足料理です。豚の足を香辛料入りの特製スープで煮つめて作るため、豚肉特有の臭みがなく、プリプリとした皮の部分と、歯ごたえある肉が絶妙にマッチした人気の韓国料理です。コラーゲンなどのたんぱく質やゼラチン成分が豊富なため、一部では美容や老化防止にも効果があると言われており、若い女性にも美味しい!と話題のおすすめメニューです。

 

トッポッキ(떡볶이)

「トッポッキ」とは、韓国語でトッは「餅」、ポッキは「炒め」を意味し、文字通り、細長い韓国餅を甘辛いコチュジャンで炒め煮込んだ料理です。屋台や軽食店で手軽に食べられ、韓国人にとっては小学生の頃、学校帰りによく友だちと一緒に食べた昔懐かしい味です。日本ではトッポギ、トッポキとも呼ばれていますが、「トッポッキ」が最も韓国語の発音に近いものになります。昔ながらの屋台料理はもちろん、即席トッポッキ鍋、パスタ風のおしゃれなトッポッキなど、幅広い韓国グルメとなりました。

「トッポッキ」の歴史は古く、朝鮮王朝の王様が宮殿で食べていたという記録が残っていますが、米を利用したお餅は三国時代から食べられていたので、かなり古くから「トッポッキ」が食べられていたのではないか、と推測されます。

王様が食べた宮中トッポッキは、唐辛子が朝鮮半島に伝わる以前のものなので、醤油をベースとした上品な味わいです。唐辛子が伝わり、コチュジャンが出来てからは、赤色の甘辛い「トッポッキ」が誕生しました。

トレンドカテゴリの最新記事