BLACKPINK26日のカムバック確定!日本ライブ

BLACKPINK26日のカムバック確定!日本ライブ

ガールズブループBLACKPINK(ブラックピンク)が26日のカムバックを確定した。

YGエンターテインメントは10日午前9時に公式ブログを通じBLACKPINKのカムバックティーザーポスターを掲載した。ポスター上段に新曲リリーススケジュールを知らせる「2020.06.26 6PM」の文字が鮮明だ。下段にはBLACKPINKのロゴが描かれた。予測できないブルートーンの空間とレッドカラーの対比が強烈な印象を残し見る人の好奇心を刺激する。

 

ポスターの上に新曲発売スケジュールを知らせる「2020.06.26 6PM」フレーズが鮮明だ。下段には、「BLACKPINK」のシグネチャーロゴが太字で示されている。

他の情報はまだベールに包まれたままだ。予測できないブルートーンスペースとレッドのコントラストが強烈な印象を残して、見る人の心を刺激する。

これに先立ちYGは今月公開されるBLACKPINKの新曲は先公開タイトルだと明らかにしている。その後BLACKPINKは7~8月ごろに特別なスタイルの2番目の新曲、9月に初のフルアルバム発表を予告した。

BLACKPINKは最近レディー・ガガとのコラボ曲『Sour Candy』でカムバックへの予熱作業を終えた。先月28日に公開されたこの曲は9日に発表された米ビルボードのメインチャート「ホット100」に33位で初ランクインし、K-POPガールズグループで最高成績を収めた。また、英オフィシャルチャートのシングルトップ40で17位を記録し、ユーチューブのソングトップ100チャートでトップにも上がりK-POPガールズグループで最初・最高の記録をいずれも塗り替えた。世界最大の音楽サイトであるスポーティファイでBLACKPINKのフォロワー数は1215万を突破し、米国と英国をはじめ世界のトップ50チャートで最上位圏に名前を上げた。

「BLACKPINK」は昨年発売した「KILL THIS LOVE」でポップ主流市場を強打した。 「KILL THIS LOVE」は、発売当時、ビルボードのメインシングルチャート「ホット100」とメインアルバムチャート「ビルボード200」でそれぞれ41位と24位の同時進入、K-POPガールズグループの新しい歴史を書いた。

「BLACKPINK」は4大陸23都市32回というK-POPガールズグループ最大規模のワールドツアーも成功に終えた。ワールドツアーの一環として行われた、日本の3大ドームツアーも全4回公演全席売り切れを記録し、全世界の舞台を網羅し、ワールドクラスのガールズグループに立った。

長い時間をかけてきただけに「BLACKPINK」の全世界の音楽ファンたちの期待は一層大きくなった状態。これらのカムバック日程ニュース自体だけで、オンラインとSNSはすでに熱く盛り上がっている。

すでに、11億回を達成した「DDU-DU DDU-DU」、8億回を記録した「BOOMBAYAH」、「Kill This Love」まで加え、K-POP史上初めて8億回以上のミュージックビデオを3本保有。そんな中、6月のカムバックで、どんな曲を届け、どんな新記録を打ち立てるのか期待が寄せられる。

韓国芸能カテゴリの最新記事