【必見】韓国で性犯罪者を見分ける方法とは?

【必見】韓国で性犯罪者を見分ける方法とは?

どんな国も性犯罪者はあると考えます。

今日は韓国の性犯罪者を見分ける方法を調べましょう!~

韓国に旅行に行った時!

韓国居酒屋で韓国の男の子人が声を掛けてもその男の子の足でこれがあったら絶対注意してください。

1.GPSアンクレット(電子足輪

性犯罪者GPS監視

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

現在特定の前歴者にGPSの取り付けを義務付ける制度がある国はアメリカ合衆国(半分以上の州)、大韓民国イギリスフランスドイツカナダスウェーデンなどで実施されており台湾オーストラリアブラジルでも導入が検討されている。

韓国[編集]

韓国では2007年に、位置追跡電子装置装着法が成立し、2008年9月に性的暴行犯を対象に電子足輪付着制度が本格的に施行した。法案はハンナラ党議員による議員立法であり、当初は人権侵害だとの反対があったが、2006年に発生した執行猶予中の性犯罪者によって小学生が性的暴行後に殺された事件が法案成立を後押しした。当初の対象者は、13才未満の児童に対する性暴力犯罪者だったが、2009年には未成年者誘拐犯、2010年の改正で殺人犯・性暴行犯遡及適用、2014年6月からは強盗犯も対象となっている。監視は24時間体制で、禁止地域や禁止地域近くの緩衝地域に対象者が入ると、警察が対象者に電話する。緊急事態と判断される場合には警察が急行する。制度導入前と比較して2014年の性暴行などの再犯率は8分の1の水準になった。制度施行前の2004年から2008年間の性暴行犯罪者の再犯率は14.1%だったのが、制度施行後の2009年から2014年までは1.7%になるという再犯率が88%減少した。 ただ、マニュアルが無いことや軽視、性犯罪への軽い刑罰と批判される韓国では、強姦の前科持ちで出所後複数回電子足輪を切断して逃走した前歴もある男が国外逃亡する事態が何度も起きている。原因として韓国検察が男の逮捕状を請求したが、犯罪者に甘いと批判されている韓国の裁判所は「逃走の恐れがない」と却下すること、逮捕した韓国警察も男の出国禁止申請をしなかったこと、出国禁止措置が出ていないと電子足輪をしていた場合も韓国の空港が男の嘘を確認せずに乗せることにあると指摘されている

2.足首のタトゥー

GPSアンクレットの履歴が人はその後足首になるキズを隠れるため足首でタトゥーをします。

 

GPSアンクレットとは??

下記の関連記事です。

”性犯罪”の服役終えて出所した歌手コ・ヨンウク、足首に装着義務の「電子足輪」とは?

韓国では、13歳未満の児童に対して性犯罪を犯した者に対し、電子足輪(GPSアンクレット)を足首に付ける法案が成立し、2008年9月より施行された。装着期間は最長で10年間とされる。

この電子足輪は、衛星位置確認システムと移動通信網を使用して該当者の位置を確認する装置。万が一、足首から外そうとしたり切断したりなどの行為がおこなわれた場合、自動的に管理センターへ報告される仕組みになっている。

一方、10日に出所した歌手コ・ヨンウクは2010年7月ごろからソウルにある自身のオフィステルと乗用車などで、未成年者に計5回にわたり性暴行、また強制わいせつした容疑を受けた。

2010年夏、コ・ヨンウクは自身のオフィステルでAさん(13)とBさん(17)をそれぞれ性暴行、強制わいせつした容疑で検察の調査を受けていた最中、2012年12月にもCさん(13)を自身の乗用車へ連れ込み、強制わいせつした容疑で拘束された。

2013年12月、最高裁は児童・青少年保護法違反(強姦など)容疑で拘束起訴されたコ・ヨンウクに対し、上告審で懲役2年6か月、電子足輪の装着3年、情報公開5年を宣告した原審を確定した。

 

 

トレンドカテゴリの最新記事