BTSシュガ 集団自殺/ジョーンズタウンでの大量殺人の原因の声!

BTSシュガ 集団自殺/ジョーンズタウンでの大量殺人の原因の声!

BTSの事務所BigHitは

5月31日

BTSのメンバーシュガの新型コロナウイルスラッキー物議と

シュガの曲で

アメリカの人民寺院

ジョーンズタウンでの大量殺人/集団自殺主動者

ジム・ジョーンズの声が入ったの内容で公式謝罪した。

シュガは5月29日行ったネイバーライブで(Agust D)に関する話をした。

最初は今回のアルバムに(skit)や(Interlude)を追加するつもりだったが

コロナのお陰で(Agust D)がアルバムに入ったから

それはラッキーだと言った

また

どう思う?という曲で米国の人民寺院のという疑似宗教を作った James Warrenを声を入れって

曲を作ったのも物議になった

 

でも何で物議になったか?

ジョーンズタウンでの大量殺人/集団自殺主動者はなにか?

 

内容を確認したら

ジョーンズタウンでの大量殺人/集団自殺[編集]

1974年に人民寺院はガイアナで土地を借り受ける契約を結んでいる[82]。この土地に作られたコミュニティは、ピープルズ・テンプル・アグリカルチュラル・プロジェクト英語Peoples Temple Agricultural Project)、非公式にジョーンズタウン英語Jonestown)と呼ばれた。1977年初頭には、50人程度の移住者しかいなかった[83]

ジョーンズは、ジョーンズタウンを「社会主義者の楽園」であり、キンソルヴィングの記事に始まるメディアの調査からの「聖域」でもあるとみなしていた[84]。元信者のティム・カーターは、ジョーンズタウンへ移住した理由を、「74年(1974年)、アメリカ合衆国で私たちが見たものは、蔓延するファシズムだった。」と述べている[85]。カーターは、「企業、多国籍会社は、巨大になり、政府の中で影響力を増大したし、アメリカ合衆国は人種差別国家である」と説明している[85]。カーターは、教団はガイアナを「我々の黒人信者たちが平和に生活することができる黒人国家である」、「社会主義政府である」そして「南アメリカで唯一の英語が公用語の国である」と結んだ[85]

1977年に元信者による告発によって、メディアからの監視が更に強まったことは、ジョーンズに更なる圧力を加えることになった[28]。具体的には、ニュー・ウェスト・マガジン誌に掲載されたマーシャル・キルダフ英語版による記事が挙げられる[28]。このニュー・ウェスト・マガジン誌が出版される前に、編集者のロザリー・ライトはジョーンズに電話を掛け、その記事を彼に読み聞かせた[86]。ライトは、「カリフォルニア州知事(ジェリー・ブラウン)から我々が受け取った擁護の手紙」や他の人々からの受け取った手紙から、出版前にこのような行動を起こしたと説明した[87]。この記事での主張を電話で聞いている間、ジョーンズは部屋にいる人民寺院信者達に書付を書き、「我々は今夜発たねばならない。ジョージタウンへと」と言った[87]

ジム・ジョーンズはガイアナへと逃れた後、教団信者達に彼に続くように呼びかけた。1978年終わりごろまでに、ジョーンズタウンの人口は900人を超すまでに増大した[83][88]。ジョーンズタウンへと移住した人々は、南国の楽園、想定された外界の邪悪から自由となることが約束された[89]

1978年11月17日、カリフォルニア州第11区選出のアメリカ合衆国下院議員のレオ・ライアンが教団による人権蹂躙の調査のためにジョーンズタウンを訪れた[90]。この訪問の間、何人かの人民寺院信者が、ライアンにジョーンズタウンを離れたいと申し出た[91]。そしてこの信者達は、11月18日の午後、ライアンに同行しポート・カイトゥマ英語版の空港に向かった[92]。そこで、彼らは人民寺院の自警団によって襲撃された[93]。ライアン、3人のジャーナリスト、1人の教団離反者が殺害された[93]。銃撃が開始されてから数秒の映像が、ボブ・ブラウンによって撮影されていた[93]。彼は、この襲撃で殺害されたジャーナリストの1人であった[93]

11月18日夕方、ジョーンズタウンにおいて、ジョーンズは集会を開き、ブドウ味のフレーバー・エイド英語版シアン化物の混合飲料を飲ませた。

余波

詳細は「クール=エイドを飲む」を参照

全体で918人が死亡し、内276人が子供であった[94]。この集団自殺は、現代における同様の惨劇の中でも最大規模のものであり、2001年9月11日アメリカ同時多発テロ事件が発生するまで、アメリカ合衆国民の故殺において最多の被害者数を記録した事件であった[95][96][97]。この人数には、同日夜にジョージタウンの人民寺院本部で死亡した4人も含まれている[98]

人民寺院のサンフランシスコ本部は、全国メディアやジョーンズタウンの犠牲者の親族に取り囲まれた[99]。この出来事は、ギャラップによる調査によれば、アメリカ史の中で最も知られている出来事のひとつであり、タイム誌を含む様々な雑誌の表紙や、数ヶ月間新聞の一面を飾ることとなった[100]

加えて、様々な雑誌の取材によれば[101][102]、ジョーンズタウンでの集団自殺の後、アメリカ合衆国で生存していた人民寺院信者は、ジョーンズタウン生存者の「テロ組織」による攻撃対象になるという危険性を公表した。同様に、1979年AP通信は、アメリカ議会補佐官の証言として、「120人の白人、ジョーンズタウンからの洗脳された暗殺者達が、殺害の指示が出るのを待っている」という記事を掲載した[103]

人民寺院会員のマイケル・プロークスは、ソビエト連邦共産党に人民寺院の財産を詰めたスーツケースを運ぶ命令を受けていたが[104][105]、ジョーンズタウンでの集団自殺から4ヶ月が経過した1979年3月に自殺した。この自殺の数日前、プロークスは30枚に及ぶ人民寺院について書き残した書付を数人の人物に送っていた。コラムニストのハーブ・カンはサンフランシスコ・クロニクルのコラムの一部を再印刷した[106]。プロークスは、モデストのモーテルの部屋で記者会見の準備を行った。この記者会見には8人の記者が参加し、プロークスは声明を読み上げた。彼は自身の弁明を行ってから、トイレに立ち、そこで頭を撃ち抜き自殺した[106]

この惨事の前、人民寺院信者のパウラ・アダムスは、ガイアナのアメリカ合衆国大使、ローレンス・”ボニー”・マンと恋愛小説的な縁で婚約していた[107]。アダムスは、後にマンと結婚した[108]。しかし1983年10月24日、マンはアダムスと自身の子供を射殺した後、自殺した。教団離反者のハロルド・コーデルは、この集団自殺によって、教団信者の家族20人を失っている[109]。同じく教団を離反したボグ一家は、彼らの娘マリリー(当時18歳)を失い、別の離反者ヴァーノン・ゴスニーは息子のマーク(当時5歳)を失っている[110]

人民寺院の集団自殺は、世の中の人々に全ての新宗教が破滅的なものであるという認識を深く刻み込むこととなった。ブライアン・R・ウィルソンは、この認識に対して実際にこのような出来事を引き起こした宗教団体はたった5つに過ぎないと指摘している[111]。ウィルソンに挙げられたのは、人民寺院に加えてブランチ・ダビディアン太陽寺院オウム真理教そしてヘヴンズ・ゲートであった[111]

韓国芸能カテゴリの最新記事