EXOベクヒョン!ミュージックビデオを公開URL見る。

EXOベクヒョン!ミュージックビデオを公開URL見る。

EXOベクヒョンのシングルミュージックビデオ公開した。

https://www.vlive.tv/video/1930<<<<<URL移動!!!!

EXO(エクソ)のベクヒョンがソロアルバム「Delight」のタイトル曲「Candy」でキャンディーのように甘い音楽をプレゼントする。

ベクヒョンの2ndミニアルバム「Delight」は25日午後6時、各音源サイトで公開される。
アルバムにはタイトル曲「Candy」をはじめ、全7曲が収録される。韓国国内はもちろん海外ファンの高い関心が寄せられている。

「Candy」は中毒性のあるシンセサウンドとトレンディなメロディーが印象的なフューチャリスティックR&Bジャンルの曲で、ベクヒョンの多彩な魅力を様々な味のキャンディに喩えてウィットに富んだ歌詞が聞く楽しさを加えている。

また、12日0時にはニューアルバムの感覚的な雰囲気を収めたムードサンプラー映像とティーザーイメージが公開された。
ベクヒョンのスタイリッシュな姿を見ることができ、ファンの期待が高まっている。

シングルカムバックペッキョン:タイトル「CANDY」のミュージックビデオ

ベクヒョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ベクヒョン백현Baek-hyun1992年5月6日 – [1])は、SMエンターテインメント(以下SM)に所属する韓国出身の男性歌手。男性アイドルグループEXOならびにEXO-K[2]EXO-CBXのメンバーで[3]、ポジションはメインボーカルである[1]。本名はビョン・ベクヒョン변백현邊伯賢、英: Byun Baek-hyun[4]。日本の公式サイトやマスメディアではベクヒョンと表記・呼称されているが[2]ベッキョンとされる場合もある[5]京畿道富川市出身[6]、血液型はO型[1]。7歳上の兄が1人いる[7]。中遠高等学校卒業[注釈 1][9]、2011年SMキャスティングシステム合格[10]、2012年慶煕さ

イバー大学 文化芸術経営学科入学[11]。架空設定能力は (light)で[12]、対のメンバーはEXO-Mのレイ

来歴[編集]

歌手を夢みるようになったのは小学校6年生の頃で、歌手のRain(ピ)を見たのがきっかけである[24]。高校時代はバンド部に所属、「昏睡状態」という名前のロックバンドで活動[25]、ロック・フェスティバルでは最優秀賞を獲得した[24]。Rain (ピ) やSHINeeのダンスをみんなの前で踊ったりと、ムードメーカーな存在で高校生活を送った[7]。デビュー前に通っていたピアノ教室では、当時ピアノの先生だったDICKPUNKSのキム・ヒョヌからピアノを教わった[26]。実用音楽科入試の準備をしていた頃に路上でSMにスカウトされた[24]

2011年にSMキャスティングシステムを通じて事務所入りした[1]。同じオーディションをチェンも受けており、共に合格してメンバー中一番最後に合流、チェンより3日前に入った[27]。事務所に入ってからダンスを初めて習い、歌唱法も発声からやり直した[24]。ベクヒョンとチェンはメンバー中最も練習生期間が短く[1]、2人が事務所に入った2011年と同じ年の12月22日にEXOのデビュー前100日間プロモーションがスタートしている[28]

2012年1月30日に公開されたEXO-Kの『What is Love』ミュージックビデオを通じてディオとともに初披露された[29]。2012年4月8日、EXO-Kのメンバーとして韓国で正式デビューした[2]。2013年8月に行われた韓国とペルーのサッカー親善試合で、試合前の国歌歌唱を単独で務めた[30]。2014年5月6日に江南区内の公園に誕生日記念として「ベクヒョンの森」が造設完了した[31]。2015年放送のEXO主演ドラマ『EXO NEXT DOOR ~私のお隣さんはEXO~』の挿入歌『Beautiful』をソロで歌った[32]。2015年『SBS歌謡大祭典』トリビュートステージで故キム・ヒョンシクの『雨のように音楽のように』を歌った[注釈 5][34]。2016年にMiss Aスジとのデュエット曲『Dream』を発表、番組出演なしでSBS人気歌謡トリプルクラウンとミュージックバンク2冠を達成した[35]EXO-CBXメンバーとして2016年10月に韓国でデビュー[3]、2017年5月に日本でデビューした[36]

 

 

韓国芸能カテゴリの最新記事