韓国で人気の鴨肉料理 体にも理美容にも効果あり?!

韓国で人気の鴨肉料理 体にも理美容にも効果あり?!

韓国グルメといえば!辛いチゲにジューシーなカルビやサムギョプサル!というイメージがありますよね。
でも、
実はあまり知られていないのですが、韓国では昔から鴨肉もよく食べるんですよ今回は韓国で人気の鴨肉のお店をご紹介したいと思います

日本では鴨肉が店のサイドメニューになってる場合が多いですけれど

韓国は鴨肉の専門店がたくさん多いです。

鴨は基本的に人間と体の温度がお肉の中で一番近いから人間の体にいいな効果が多いです。

鴨肉は焼いたら他の肉より匂いが臭いけど韓国の場合は飼育時から肉の匂いが
ならない餌を使うから韓国で食べる鴨肉は匂いが臭くないから

やっぱり鴨肉は韓国で食べるのが一番いいと思います。

 

何で韓国は鴨肉が多い?

鴨の体にある油は水で浮くことが出来る油です。

でも塩分が多い場合はそれが出来なくって水の中に沈んでしまいます。

日本は大きい島だから韓国より川に鴨が生活するのが昔から厳しいです。だから韓国の方が
鴨の肉が発達しました。

 

そもそも鴨肉の効果って?

韓国で鶏肉と同じように親しまれてきた鴨肉。韓国語ではオリコギ(오리고기)といいます。
鴨といってもマガモ、アヒル、アイガモなど様々な種類があります。日本でも鴨鍋やそばにも使ったりしますが、韓国ではサムギョプサルのように焼いて食べたり、蒸して食べたりします。
鴨肉にはビタミンBや鉄分が豊富で、鉄分は鶏肉の6倍も含まれているんです。鉄分は血液を作るのに大切な栄養素ですから、美容にも効果的。また、他の肉に比べ、不飽和脂肪酸が多く含まれているので血液をサラサラにする効果もあるんですよ!他のお肉よりも少し高めですが、タンパク質も豊富で体力回復にもピッタリな鴨肉です。

日本人の体質に合うお肉はなんと“鴨肉”

農耕民族である日本人の腸は穀物を消化するために長いので、消化されにくいお肉は腸の中で腐敗しやすく不調の原因になる可能性もあります。 鴨肉は他の肉に比べ消化されやすく、もたれません。ヘルシーで美容にも良いとされている“鴨肉”は日本人にベストなお肉なのです。

鶏肉より低カロリー!ヘルシー食材

鴨肉は一見脂が多く感じられますが、コレステロールが少なく不飽和脂肪酸や鉄分、ビタミンB2が他の肉類に比べてズバ抜けて豊富で、とても疲労回復効果が高いといわれています。

鴨肉の脂は実は体にやさしい!

「不飽和脂肪酸」は、植物油に多く含まれているもので、血中コレステロール値を低下させる作用があるといわれています。脂肪酸は、飽和脂肪酸・一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)・多価不飽和脂肪酸(α-リノレン酸)に分けられ、それぞれの摂取バランスが「3:4:3」の割合が理想のバランスといわれています。

鴨肉は理想に近い割合です!

脂がたっぷり乗っていて美味しいのに、みんなの気になるコレステロール値を下げる働きをする脂なのです。

 

鴨肉の脂肪は体内に蓄積されない?!

脂肪の融点(脂の溶ける温度)が低く、体温より低い24度~30度(牛や豚、鶏肉はそれぞれ45、38、37度で、人間より高い)で溶けるため、脂肪が体内に蓄積されることはないといわれています。

鴨肉は、美肌・疲労回復に最適!

鴨肉に含まれているビタミンB群は細胞の再生や粘膜を強くしてくれることから、美肌や美髪、美爪など強く美しく保つ効果のある重要なビタミンです。 ビタミンB1は糖質をエネルギーに。筋肉や神経の疲れを防いだり和らげる働きビタミンB2は脂質をエネルギーに。これが足りないと代謝が悪くなり倦怠感の原因。特にビタミンB2は、鶏肉の4倍含まれています。

鴨肉は、老け込み防止効果のある鉄分が豊富!

 

女性に不足がちな鉄分。鴨肉には鶏肉の6倍も含まれています。 鉄分と言えば、貧血を防止する栄養成分ですが、コラーゲンの生成にも重要な働きをします。つまり、鉄分不足は老け込む原因!シワシワの老け肌になりたくない女子は、鴨肉をたくさん食べましょう。

 

鴨肉は、デトックス効果抜群!

鴨肉の脂肪は、ほかの肉類の脂肪と比べて不飽和脂肪酸の含有量が高いことも特徴。不飽和脂肪酸は、血液をサラサラに保ち、動脈硬化やっこう血圧の肩にも良いとされています。ちなみに、血液がサラサラになると血行が良くなり、肌のすみ済みにまで栄養分を行き渡らせてくれるんですよ。

 

トレンドカテゴリの最新記事